自分でできる浮気調査の方法を教えてください

浮気したのでは…?という疑いを持つようになると、すぐに探偵事務所に依頼するというよりも、自分でその証拠を掴むために動くかと思います。

 

探偵事務所に頼むのは費用がかかりますし、そもそも依頼すること自体に抵抗があったりしますからね。

 

ですが、あなたご自身で浮気の証拠集めをしていると
パートナーに勘付かれて、証拠を残さないように注意を払われる可能性があります。

 

そうなると素人の調査力では成す術がなくなってしまいます。

 

自分で浮気調査をした時のリスク

自分で浮気調査することのメリットはやはり費用をかけずに証拠集めができるということですが、デメリットにも目を向けなくてはいけません。
・言い逃れできる証拠を突きつけてしまったがために「勘違いだ!」と片付けられてしまった
・離婚したが慰謝料はもらえなかった
・確固たる浮気の証拠は見つけたものの、パートナーの裏切りに直面したことで精神的に参ってしまった
・浮気現場に遭遇し、我を忘れて暴れてしまい、警察のお世話になった

 

浮気が事実となった時に、全て一人でその事実と向き合っていくのは心を強く持たなくてはいけませんし、今後どうするのかじっくり考えなくてはいけません。
そして、離婚を決断したのなら当然の権利として慰謝料も請求したいですよね。
心に負った傷はお金には代えられませんが、それでもあなたの辛い気持ちを慰謝料として受け取ることは今後の人生を歩むためにも必要です。

 

自分でできる浮気調査

1)携帯チェック
自分でできる浮気調査の中で最も難易度が低いのは、パートナーの携帯電話をチェックすることでしょう。
入浴中や睡眠中を狙ってメールや保存している写真を調べてみてください。
メールは削除されている可能性も十分に考えられますから、そんな時は新規メール作成に設定して、何かひらがなをひとつ入力してみてください。
携帯には予測変換機能がついていますから、どんなキーワードをメールに使っているかが分かります。
後は着信:発信履歴のチェックをしてみて、同じ人に何度もかけているようであれば同性の名前であっても、偽名かもしれませんので番号を控えておいてください。
2)尾行
先に言っておきますが、尾行は専門にしている人でも細心の注意を払って行うものですので非常に難しいです。
徒歩で尾行できればまだ良いですが、タクシーや車を使われたら追うのが大変ですし、距離を詰め過ぎてしまうとつけられていることがバレてしまうリスクも高いです。
更に浮気の証拠を抑えるのなら、証拠写真の撮影は必要不可欠ですが、尾行だけでも困難なのに更に写真を撮るところまで手が回りません。
尾行をするなら、信頼できるお友達にも協力してもらうなど工夫が必要でしょう。
3)ソフト
スマホを使っている場合、パートナーの写真やメッセージ履歴などを解析できるソフトが販売されています。
バックアップ用に取っておくためのソフトらしいですが、これなら簡単にパートナーの行動を追うことができます。
実際、この解析ソフトを使って自身で浮気調査した人がいるようです。

 

確実さを取るなら探偵事務所へ

浮気調査は自分でもできることはありますが、浮気調査自体の難易度や、あなたにかかる精神的な苦痛を考慮すると、やっぱり探偵事務慮への依頼をお勧めします。
当サイトが紹介している原一探偵事務所は、相談や調査プランまでは無料で対応していますので、自分で調査するかどうかはこの無料相談を受けてから決めても遅くはないでしょう。